大阪消防設備協同組合

HOME > 『住宅用火災警報器』を設置しましょう

『住宅用火災警報器』を設置しましょう

【法令による義務化が始まります 】
住宅火災による死者数を低減させるため消防法が改正され、火災の早期発見に効果のある住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

住宅用火災警報器の設置義務化は…
新築住宅は、平成18年6月1日からすでに始まっています。
既存住宅は、平成23年6月1日からすでに始まっています。

【なぜ住宅に火災警報器が必要なのですか?】
住宅火災における死者(放火自殺者を除く)は増加傾向にあり、建物火災による死者の約9割を占め、約7割は「逃げ遅れ」によるもので就寝時間帯に集中しています。これらのことから、住宅火災による死者数を低減させるため、消防法が改正され火災の早期発見に効果のある住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

【住宅用火災警報器って何ですか?】
住宅用火災警報器は、火災発生時の熱や煙を感知しブザーなどで知らせてくれます。
住宅火災から命を守るためには、火災を早期に発見することが大切です。火災発生を素早く知ることで、避難を早くし、逃げ遅れを無くすことにより一人でも多くの命が助かる可能性が高くなります。住宅用火災警報器による「火災の早期発見!」で初期消火、早期避難をすることであなたの住まいと生命を火災から守りましょう

 住宅用火災警報器の設置についてお困りの方は、こちらからお近くの業者をお探しいただくか、当組合事務局までご連絡ください。
※市区町村により、設置する警報器の種類、設置場所等が異なる場合がありますので、詳しくは、各市区町村の消防局等へお問合わせください。

【火災警報器についての参考ホームページ】
  ・総務省消防庁  http://www.fdma.go.jp/html/life/juukei.html
  ・社団法人日本火災報知機工業会  http://www.kaho.or.jp/

Copyright 2006-2009 大阪消防設備協同組合 All Rights Reserved.