大阪消防設備協同組合

HOME > 訪問販売にご注意!!(一般家庭向け)

〜不適切な訪問販売にご注意ください!〜
火災予防上、消火器や住宅用火災警報器の設置は必要ですが、
下記のようなトラブルには充分にご注意ください。

最近、各地で悪質な消火器や住宅用火災警報器の訪問販売や訪問点検による被害が多発しています。
 不適切な販売や点検を行う業者の手口は巧妙であり、高額で消火器や火災警報器を販売したり不適切な点検を行い高額な金額を請求したりします。訪問販売自体は違法ではないので、警察も厳密に取り締まることが出来ないのが現状のようです。

手口の事例
女性やお年寄りしかいない日中などに、消防職員のような服装で消防職員を装って訪問し「消防署の方から来ました」とか、「法律が改正されて一般家庭にも消火器(または住宅用火災警報器)の設置が必要です」「設置するには資格が必要です」などと、言葉巧みに高額な商品を販売します。※消防職員が、消火器や住宅用火災警報器などを訪問販売することは一切ありません。
また、すでに消火器を設置されているご家庭の場合、「耐用年数の過ぎた消火器は爆発するので危険です。」などと言い、高額な処分費用を請求します。
トラブル防止のポイント
・身分証明書等の提示を求める。
・はっきりと点検を拒否する。
・契約書にハンコを押さない。
「おかしいな」と思ったり、被害に遭った時は、すぐにご相談を・・・
○大阪市消費者センター 06−6614−0999
○大阪府警察本部 悪徳商法110番 06−6941−4592
消火器の購入・廃棄、住宅用火災警報器の購入・設置のご依頼は、こちらからお近くの当組合会員へ直接連絡いただくか、当組合事務局までご連絡ください。
Copyright 2006-2009 大阪消防設備協同組合 All Rights Reserved.